French Open 二週目

私の危惧なんぞとはうらはらに、快進撃を続ける錦織選手。ベルダスコとの一戦はわけ分からない感じだった。全然動けない感じだったのが、まあ動くこと動くこと。ベルダスコのヘビースピンをライジングであしらって、凄かった。このままナダルとやって欲しいが、苦手のマレー。でもマレーもずっと調子は良くない。頑張れ、錦織。

French Open始まる

テニスの殿堂、グランドスラム2つめ、全仏オープンが始まる。

フェデラーが出ないので大分楽しみが減ってしまった。その上、錦織は調子が上がらないまま。去年辺りから発症している、でかいヤツに勝てない症候群。2メートルくらいのヤツとやると全然歯が立たない感じになってしまう。で、2メートルは次には負けてしまう。チリッチとは決勝だったからそれは無かったけど。

どうも、でかいヤツの強打にあうと、どうしてもショットが浅くなってしまう癖がどうしても修正できないようだ。

で、最初の相手はオーストラリアの21歳、ケガ上がりのコッキナキス。ランキングは失効しているけど、19歳の時に69位にまでなっている。決して侮れない相手。その上、196センチ。ほぼ2メートル。やばいな、やばいな。

ジンクスをひっくり返して欲しいな。

Fitbit Charge HR

また壊れてしまった。これで2回目。一年持たないなあ。

1回目は、リストバンドのゴムが本体から剥がれ始めてしまった。今から考えると、動作には問題なさそうだけど、防水に問題があるかなと思って心配になった。

2回目は、電池が1日も持たなくなって、次には同期しなくなってしまった。

どうも、ハードウェアの耐久性が余りよろしくないようだ。この辺りは時計メーカーとかからのものの方が良いんだろうな、と想像する。ただこのメーカーの心拍計はなかなか良いし、電池も5,6日持つし、良いんだけど、、耐久性が。

サポートは最高レベルだと思う。新しく出たCharge 2とかどうなんだろう。Alta HRとか。

イリ・ナスターゼ

最近、テニスのセリーナ・ウィリアムズが妊娠したというニュースがあったが、それに対し、ルーマニアの往年の名選手、イリ・ナスターゼがやらかしたらしい。

昔の彼を知っている人なら、彼ならしょうが無い、と思ったろうが、指導者の立場にいるのだから、もう「大人」にならないといけないよな。

コンチネンタルグリップから、鋭いランニングショットを決めまくっていた彼は、あだ名を「ナスティ」。試合相手に汚い言葉を投げかけたりは日常茶飯事だった。彼の師匠のイアン・ティリアックもひどかったし、弟子の元祖「悪童」ジミー・コナーズも結構やらかしてた。

私のヒーローだったんだけどね。

 

平野美宇、すごい

中国選手のパワーに対抗しうる、驚異の前陣速攻。あの反射神経と正確さはとんでもないですね。男子の丹羽選手もものすごく速いし、最近のトレンドというか、対中国戦略なんですかね。でも、男子だと水谷選手みたいにガチンコのドライブの引き合いが観たいと思ってしまうなあ。

西遊記 はじまりのはじまり

西遊記縛りの自動録画で引っかかってきたこの映画。監督がチャウシンチーだし、ちょっと興味がでた。で、最後まで観てみた。終わりになって、いきなり天竺への旅に出かける例の4人組が横一直線で並んで歩くシーンと、BGMにGメン75。なんじゃこりゃ。際物にしか感じないエンディングってどーよ。クレジットを観てたら、柔道一直線も使われてたらしい。

Roger Federerが止まらない

今期になってから、まだ一回しか負けてない、Roger。昨日もマイアミで、Rafaをストレートで撃破。ランキングもとうとう4位に上がった。

最近、Nick KyrgiosやAlex Zuvelevなど若手の台頭が著しいが、でかい大会の決勝は30越えのおっさんばっか。頑張れ、おっさん。って、30歳はおっさんじゃないよね。

MediaboxからSONY Blurayの問題が解決

ケーブルテレビの番組、特に日本映画専門チャンネルとかFOXムービーを倍速DR2で録画したのを、LANダビングでSONYのBlurayレコーダに持って行くと、かなりの確率で音声がぶつ切りになる問題があったが、今日から提供され始めているファームフェアで解決した模様。最初に見つけてから、1年以上経ったけど、やっと解決。よかった。

山形蔵王スキー場

久しぶりに、山形蔵王でスキーした。うん十年前にはそのゲレンデとゲレンデの連絡の悪さが非常に評判が悪かった(妻評価)が、現在、どれだけ変わったのか。

余り変わっていない、のが再評価。ただ、あちこちで鍛えられたので多少評価者のスケーティング技術向上が有り、以前ほどの文句では無かった。

しかし上の台に行ってしまうと、お地蔵さんまで行くのは、完全にパズル状態。後でパンフに書いてあるのが分かったけど、気がつかないワイ!いくつものリフトとゴンドラを経由してやっとたどり着ける。ただ、頭だけ出ているお地蔵様に晴天でおまいりできたのは良かった。ただ、観光に来た徒歩のたくさんの人たちが立ち入り禁止の樹氷原に入り込んでいたのが残念だった。

随分久しぶりの家族スキーだったので楽しかった。子供達はいつのまにか親たちより上手になってるし。

柴崎岳、どうしてるのだろ

うまく適応できなくて、こもっているらしい、柴崎岳選手。心配ですね。

グランカナルのチームに入れなくてTenerifeのチームに代わったりしたのもショックなのかな。Tenerifeっていう島は観光名所で、子供がまだ1歳の時に行ったけど、何の心配も無いような安全なところで、逆に言えば何の刺激も無いところなのかもしれない。日本人なんて当時一人も会わなかったくらい邦人は少ないし、ということは日本の食材なんか手に入らないだろうしって、ちょっと気になって世界中でブームになってる日本食のレストランがあるかどうか調べてみた。Restaurante Japones。結構いっぱいある。中には違うだろ!と突っ込み入れたくなるのもあったけど。

何が原因で体調を崩しているのかはわからないけど、早くサッカーできるようになって欲しいですね。