西岡、大坂、そして錦織、残念

シンシナティの大会で、西岡は錦織に勝った後、ベスト8まで勝ち進んだ。なのに昼食のせいだかなんだかで体調を悪くなり危険。

大坂は勝っていたのに足?を痛めて棄権。

錦織は息がしづらいとか言って西岡に敗退。

フェデラーも何故かルブレフに負けてしまう。

あげくにはジョコビッチまでメドベーデフに負けてまう。

なんてこった。ノール以外の残念さよ。

渋野さん、全英女子オープン優勝

メジャータイトルを取ったのだし、これからは海外を中心に回るのかと思ったら、日本を中心に戦っていくとインタビューに答えていた。メジャーと言っても賞金は7000万円ほどで、日本国内の大会でそこそこでも1億は行くのだから海外にという考えはあまりないのかもしれない。でも日本に引っ込んでいたら後から海外、というかアメリカとかイギリスにいっても多分ダメだろうな、思う。

テニスでも事業団に所属できればそこそこ暮らしていけるし、日本を出なくても生活できてしまう、ということが女子選手の弊害になっているなんていう記事を読んだことがある。

テニスの世界も女子では、群雄割拠の時代、いいかえればドングリの背比べの時代となり、抜群の選手がいない中、大坂が出てきたけど、それでも全大会で勝てるわけでは無い。一方、男子ではビッグ4がこの10年以上も君臨し続け、他の選手が取って代わりたくても代われない状態が続いている。こんなにむちゃくちゃ強いのが同時期に4人もいるなんて言うのはちょっとあり得ない。その分面白かった。

女子ゴルファーにとって日本というのはちょっと居心地が良すぎるのかもしれない。ほとんど韓国選手に賞金を持ってかれ続けていたけど、どうなるんだろう。

Washington DC Open

ベスト8が揃ったが、西岡良仁選手が残れなかった。相手はキリオス。同年代でジュニア時代からの知り合いらしい。試合前後での振る舞いからかなり仲がよさそうな雰囲気があった。試合はストレートで敗れたが、見せ場はあったと思う。ただサーブの調子がかなり良かったようで、こうなると誰も勝てない。ジョコビッチも勝てない。
試合とは関係ないが、西岡選手は蛾だかが相当嫌いらしくて、ボールキッヅに取って貰っていたのがちょっと情けなくて面白かった。
次こそ買って欲しい。

Wimbledon Second Week Now.

女子はトップシードが例年通り消えまくる中、男子も今年は上半分のシードがことごとく消え、安定のジョコビッチくらいしかいない一方、下半分のシードはイズナー以外は順当勝ちしている。
今回で引退を決めたククシュキンはなんか強い。負けたことが無いのだけどちょっと怖い。でも是非フェデラーと錦織に戦って欲しいなあ。

大坂なおみ選手の苦悩

また自滅してしまったようだ。全仏でも何回か踏ん張っていたけど、最終的に自滅してしまった。全米、全豪を連続して取ったけど、その間はひどい物だったし、それほど驚くことでは無いのかもしれない。ただ、「子供たちの手本」には成っていないことは確かだ。自分の現状と理想像とのギャップに耐え切れてないんだろうか。
テニスの試合を見たり、やったりすると、長い試合の中で「流れ」というものが確かに存在する。それは多分にメンタルから来る物なのだろう。それほどメンタルの影響が大きいのがテニスだと思う。
早く、大坂選手の心の平安が来ることを祈っている。
あと、デルポがまた膝をケガしてしまった。夕べインスタでスペイン語で話していたのw見つけたが、言葉が分からなかったけど、写真のギブスのからひどいケガなのは分かった。手術が成功して一日も早く直ることを祈ってます。
テニス選手がテニスが出来ないことほどつらいことは無いのだから、健康でテニスが出来る幸せというのは力にはならないのかなぁ。

野鳥の保護

雛が巣から離れピーピー鳴いているのを耳にすることがある。飛べない雛は大概捕食者によって食物連鎖の中に消えていくことになる。たまたま人がこれを見つけるとかわいそうで助けようと考えたりする。
野鳥は基本的に人は関与してはいけないことになっている。特例として、ケガをして飛べなくなった野鳥、もしくは動物は保護の対象になる。自然に戻すことが前提だ。ケガが治ればその後は自力で生きていける。
一方、雛は状況が異なる。羽も生えそろっていないような雛は、巣に戻すことが出来れば親がまた育ててくれるかもしれない。そうで無い場合は、人が保護したとして、自分で餌をとれるように指導されなければ生きていけない。普通、親鳥がそれを巣立ちにあたって指導してくれる。人がそれをすることは無理だ。ということは巣から落ちた雛を見つけたとして保護しても、野に返せば餓死するか捕食者にやられるかだ。かといってそのまま飼い続けると、下手をするとお縄を頂戴することになる。実際、メジロを捕まえて飼っていた男が書類送検されたことがある。次やれば実刑が付くことになるだろう。犯罪者だ。
野に生きる生き物が雛の状態で親の庇護を放れればそれはもう仕方が無いことなのだ。
まあ、こんな事を小学生に言っても仕方のないことだが、中学生とも成れば理解して貰いたい。
ちなみに、野鳥を素手で触ってはいけない。これは鳥では無く人のためだ。インフルエンザウィルスとか未知の病原体は渡り鳥や鳥を介して地球規模で拡散されている。鳥は人に悪さをするウィルスとは共生しているので、自分は発症していなくても人にウィルスを移すことがある。気をつけよう。良くちまたで言われるように人の匂いが付くと野鳥から仲間はずれにはされる、と言うことはないのでそれは安心してもいいらしい。

錦織選手、まさに力尽きる

錦織選手の全仏が終わった。
今期に入ってちょっと変わったなと感じたのは、ファーストセットを取ることが増えたということ。
ストレートで勝つことも多いけど、よくファーストを落としてから逆転という流れが多かった。実際ファイナルでの勝率は高い。一般には、ファイナルで勝つのは大概ファーストを取った選手が多い。このことが錦織はスロースターターであると言われるゆえんだと思う。弱い相手に入りがゆっくりすぎてファースト取られて逆転で勝つというパターンなのじゃ無いかと思っていた。
でも最近は逆にファーストを取ることが多いが、その後油断してなのか、何なのか、セカンドを落とすことが増えた。これはおおくのプレーヤーに見られることだが、ビッグ3は違う。ストレートで勝てる相手にはストレートで勝つ。今回それが如実に出た。得にナダル対錦織では、ナダルの最初からのトップギアがものすごかった。フェデラーに勝つには体力温存は必須だからなのか。
大体、メンタルは疲れるかもしれないが、体力ほど回復できないものでは無い。ならば最初から飛ばして短く済ませればそれに越したことは無い。途中で気が緩んでつけ込まれるのは、得にフレンチでのフランス人相手では観客も敵だからやっかいだ。

Osaka Won the first match at Roland Garos

すごいね。持ってるね。大坂なおみ選手。
一つの試合であんなにドラマを入れ込むなんて、並の選手では無い。
無茶打ちしすぎるなあと最初のセットで感じてた。でもあれは練習の成果を実践にアジャストさせるために必要な作業だったのだと思わせる。事実どんどんショートアングルが決まりだしていたし。
結局最後まで見ちまったよ。

チャンネルはそのまま

北海道テレビ製作の、往年の佐々木倫子の佳作、「チャンネルはそのまま」を原作としたドラマが始まった。驚くべき事に、テレビ埼玉が放送している。テレ玉、お金あるなあ。
最近新しいビルに引っ越ししたHTBが、水曜どうでしょうでおなじみの旧社屋をホシテレビ、新しいビルをヒグマテレビの社屋としている。驚くべき事に、バカ枠部長として原作のモデル藤村Dがそのままの役で出ている。
もっと驚いたのが、芳根京子。もはや原作雪丸としか見えない。
ほとんどどうでしょう班で固められたドラマだけど、愉しんでみてる。
中央局製作のドラマをそのまま流せば儲かるわけだけど、地方局独自の佳作をみるのも楽しい。頑張ってください。制作費はほどほどに。

New Cray King, Thiem

間違いなく次世代クレーコートキングはThiemだろう。全仏ではストレートで敗れているけれど、その前のmadridではNadalを破っている。現段階でどちらが上なんだろう。全仏ではストレート負けだけど、そのあとの全米ではフルセットだった。
おそらく、現時点では経験の差でNadalの上なんだろうが、いいコーチ、対策がとれれば世代交代となるのも遠くなさそうだ。
それはそれとして、
錦織、頑張れ!